塗装・鈑金 板金
 作業工程                        >>>> ちょこっとヘコミ編
車を走らせるには問題ありませんが、
ボディのちょこっと凹みは気になります。
変色やサビの原因にもなります

ヘコミ度合いは直接キズがついている
損傷部分とその損傷部位から
広がる波及(ハキュウ)範囲によって
変わってきます。

まずは、御見積を。
鈑金
1)損傷部分
 塗装の剥離(ハクリ)

損傷部分(一番ヘコンでいるところ)の塗装の剥離をします。
2)鈑金

機械やハンマーなどを使って鉄板のたたき出し。
鈑金のしくみ...
3)波及範囲
 塗装の剥離

鈑金パテをぬる為に、塗装の剥離をして中の鉄板を出し、パテの密着をよくします。
4)鈑金パテ塗り

塗装の剥離をした部分にパテを塗りつけ、凹凸をなくし、元の形を限りなく再現します。
5)パテ研ぎ

ポリパテ(粒子の細かいパテ)付けをし、表面をならす為にペーパーやすりで研ぐ。
6)サフェサー 
  サフ塗装

液体。目を細かくする。
さらに表面を作る。

さらに細かいペーパーやすりを使って、
小さな凹凸を残さずならす作業をします。
塗装 例)メタリック塗装
1)マスキング

塗装しない箇所を覆います。マスキングは、小さい穴や隙間をくまなくするコツがあるんです。
2)脱脂作業

塗装前の脱脂作業。これによって、小さなホコリ油分、汚れをとります。重要作業です。
3)色あわせ

各お車タイプの色チャートを使って近い色を探します。お車の歴史も色には刻まれています。
※室内でなく、太陽光での調色が基本です。
4)色の調合

お車の色に合わせて色の配合をします。
経年劣化を考えて、最終的にはプロの目で。
調色について...
5)カラーベース塗装

調合した色を塗装します。ムラなく数回ふきつけます。塗装ブースは、風・静電気防止。慎重な作業です。


キラキラしたボディーの色を吹き付けたあとは、ツヤのないしっとり色です。
 よくあるQ&A
 Q.キズは、前のドアなのに、なんで後のドアも色を塗るの?
 A.キズがついたのは、前のドアのみですが、となりのパネルをぼかさなくてはいけない
  「ぼかし作業」が必要になります。隣接パネルを塗ることにより、経年劣化による、
  調色の違いを防ぐ為に行う作業です。調色は、複数色の配合なので、
  同じものは無く、それぞれのお車により近づくものを目指しています。
6)クリア塗装

(透明の液体)鉄板の保護の役目もあり、肉厚をつけスベスベ☆ツヤツヤの見た目になります。


クリア塗装前と比べてみてください。写真でみても違いがわかる!
7)みがき

十分に乾燥させた後、小さなホコリなどを取るゴミとりの為の作業。
みがきによってピカピカ
完成

取り外した部品部分を取り付けて完成です。

 
ボーディーにヘコミができる時、平らな面に凹凸ができるわけですが、

先の部分が実際の「損傷箇所
水溜りに石を落とした時の波紋のように、損傷の周りにゆがみ・ずれが生じます。

その部分が「波及箇所
鈑金=たたく という言い方をしますが、
実際に損傷箇所をたたくわけではないんです。
波及によって盛り上がった部分をたたいて、ゆがみをとります。その時、ドリー(あてばん)を損傷箇所の裏に当てます。これによって、たたくと少し戻ってくるのです。
たたくことによって、凹凸を少なく修復します。
鉄板をより平らにすることにより、鈑金パテを薄く
できるようにします。
”パテ”というのは、薄ければ、薄いほど
「パテやせ」(パテのヒビワレやひずみ)がおきにくくすることができます。

凹み部分にパテを塗ります。
最後にパテを研ぐことにより、凹凸部分をなだらかにして鈑金終了です。

お車には、「カラーNO」があるんです。

 実は車検証には記載されていないのですが、
 ボディーには、その色の識別をする番号があるのです。
 ボンネットやドアをを開けると、モデルナンバープレートに
 車体番号とカラーNOが記載されています。

 各メーカーのそれぞれの車種で、
 パンフレットを見ても、沢山のカラー名がありますね。
 最近は、凝ったネーミングも多いです<(^_^;)

 多くの種類も、大きく分けると基本は3種類.
カラーNOは、本体のプレートに。
ボンネットやドアにあります。
ソリッド塗装 パール塗装 メタリック塗装
 1ソリッド塗装


 2コートソリッド塗装
 2コートパール

 3コートパール
というように、お車のカラーNOによって変わってくるのです。
工程が一つ増えるので、3コートパール塗装は、金額が変わってきます。
あなたのカラーはどれですか?

調色

 お車のカラーをつくります。
 自動車用品のお店には、
   「ニッサン サニーの白」
   「ホンダ フィットのブルー」 などなど
 といった簡単塗料が販売していたりします。
 なにを隠そう、私自身メーカー別塗料があると思っていたのです。(~_~;)
 そんなことはないんです、職人ですからね。
どんな色でもつくり出す、基本色。スイッチを入れると全ての塗料が混ぜられる機械なんです。これだけ色がると迫力ありますね。
このはかりで、
色の調合をします。
細かい作業です。
この一滴で色が変わってしまうのです。
基本的には、メーカーの車種の色ごとに色の配合%の表があります。
とても細かい配合のものもあるんです。
しかし、お車の状態によって色は変化するものです。
例えば、買ったばかりの車・保管場所が青空駐車場の5年車
の場合は、カラーNOが同じでも、見える色身が変わってきます。
ココは、職人の経験と技で色あせなどのちょっとした変化にあう
ピッタリの色ができるのです。
  
 有限会社花和自動車工業 TEL:043-263-7214
〒264-0016 千葉県千葉市若葉区大宮町856

(c) Copyright 2006-2007 Hanawa Auto CO.,LTD All rights reserved.